知っておこう!企業でよく行われる研修の種類とは?


新人社員や中途採用を対象とした研修内容

企業では時に応じて様々な研修が行われます。その中でも、会社に入って間もない人に対して行われる研修の一つが、新卒者を対象とした新入社員研修です。学校を出て社会に出る人は、基本的なビジネスマナーを身につけるなど、手取り足取りの研修が必要となります。どの業界でも人材不足が深刻化しているので、長い採用活動を経て入ってきた新入社員の存在は貴重です。ビジネスの基本を習得することで、仕事を早く覚えるのに役立つに違いありません。入社間もない人に対して行う別のものとしては、中途採用者向けの研修があります。すでに社会経験があるので、会社に入って仕事をするうえで必要となる実務的な内容が中心となる研修です。中途採用者といっても、業界に精通し、経験豊富な人もいれば、業界や仕事が未経験の人もいます。そのため、それぞれの人に合った研修内容とすることも心がけたいものです。

リーダーや管理者を対象とした研修内容

すでに自社で経験を積んで、リーダーとなってもらいたい人材や、管理者として仕事をしている社員には、リーダーシップ研修やマネジメント研修が行われます。リーダーシップ研修では、自社で求められるリーダー像を示したうえで、リーダーシップ発揮するための具体的な方法を紹介する方法が取られます。こちらは、e-ラーニングやグループワークの形で行われることが多いようです。すでに管理職についている人に向けたマネジメント研修では、管理職としての自覚を高め、経営を意識した内容が扱われます。例えば、部下の育成や強い組織づくり、チームの数字ではなく会社全体の数字を考えて動くための能力を磨くことを意識した研修が行われます。

社員教育とは、企業が利益の増加を追求するに当たって必要となる知識を、雇用契約者に対して画一的に行うことを言います。