新入社員や中途社員を対象とした研修を成功させるポイントは?


ビジネスマナーや社内ルールを分かりやすく指導しよう

新入社員の一人ひとりが目標を持って仕事に取り組めるようにするには、経営者や人事の担当者が中心となり、時間をかけて研修計画を立てることがとても重要となります。特に、高卒や大卒で初めて社会に出る社員に対しては、ビジネスマナーや社内ルールをきちんと習得できるように研修の内容を工夫するのがポイントです。最近では、集合研修やオンライン研修など様々な研修の手法を取り入れている企業が目立ちますが、それぞれの社員が無理なく学べるような機会をセッティングすることが肝心です。なお、社内で研修の担当者を指名する場合には、入社数年目の面倒見の良い社員をピックアップしたり、新人研修の前に個別に教育を行ったりするのも有効です。

中途社員の能力を引き出せるように研修を実施しよう

中途社員の採用を積極的に行っている企業は全国に多数ありますが、入社後にスムーズに仕事上で成果を出すためには、それぞれの社員の経歴やスキルに合った研修を実施する必要があります。例えば、営業や経理、事務など特定の職種のキャリアが豊富な社員に対しては、外部の講師を招いてセミナーや勉強会を開いたり、管理職やベテランの社員が研修後のフォローアップを行ったりすることが大事です。また、社会経験が少ない中途社員に対しては、新人研修と同様のカリキュラムを採用するのも良いでしょう。なお、効果的な研修を行ううえで、研修の対象に選ばれた中途社員にアンケート調査を行ったり、直属の上司や人事担当者が面談をしたりするのもおすすめです。

社員教育とは新入社員や昇格して新しい部署を任す責任者に対し教育を施すカリキュラムのことで、近年は社内で教育するよりも専門の研修センターなどに通わせる企業が増えています。