iPhoneを落としてしまったときに画面が割れないような工夫とは


ひび割れた状態で使い続けるのはよくない

iPhoneの画面はガラス製なのでコンクリートやアスファルトの上に落としてしまった場合、割れる可能性が高くなります。傷つきにくく割れにくいガラスが採用されていますが、絶対に割れないということはありません。仮に画面が割れてしまった場合、そのまま使い続ける人も中にはいますが、そうすると指先を切ってしまったり、あるいはひび割れがどんどん拡大して指でタッチしても反応しなくなることがあり得るので、できるだけ早く修理に出した方がいいでしょう。

ただ修理に出すと代替機を与えられるかもしれませんが、しばらくiPhoneを利用できないタイムラグが発生してしまいます。そのため、落としてもガラスが割れないようにする工夫をすべきでしょう。

ガラスフィルムは自分が犠牲になって守ってくれる

では、落下させてもiPhoneのガラスが割れないようにするためにはどうすればいいのでしょうか。手っ取り早く、しかもあまりお金がかからない方法として保護フィルムを貼るという方法があります。保護フィルムにはいくつか種類がありますが、おすすめはガラスフィルムと呼ばれるものです。

ガラスフィルム以外だと、画面のガラスを割れにくくするというよりも、割れてしまったときに破片が飛び散らないようにするという効果の方が重視されている作りですが、ガラスフィルムは自身で落下の衝撃を吸収してiPhone本体のガラスに伝わらないようにする効果があります。そのため、落としたことでガラスフィルムは割れても本体は無事という結果になりやすいのです。

iphoneの修理はユーザー個人では出来ません。街の専門店に相談するのがベストです。データ復旧や画面割れ修理の相談が、一般的なお店でも出来ます。