ちょっと待って!そのスマホどこに修理に出すの?


修理の依頼は慎重に!

画面割れや水没など、スマホを使っていると思わぬトラブルを経験することもあります。それなりに高価なものですから、すぐに買い換えるというわけにはいきません。そこでスマホを修理に出すことになりますが、そのとき「どこに修理を依頼するのか」ということについて注意しなければならないことがあります。ネットで情報を調べてみるとスマホ格安修理をうたう業者が数多く存在していることがわかります。確かに正規代理店に修理に出すと数万円ほどかかる場合もありますから、価格の安さは大変魅力的です。ただし価格以外の面も十分に検討して、そのリスクも理解した上で修理の依頼先を決めなくては、あとで後悔することにもなりかねません。

正規代理店以外での修理は改造扱い?

正規代理店以外で修理した場合にはいくつかのリスクが伴います。まず「使用される部品」です。スマホは精密機器であり、最大限のパフォーマンスを発揮できるように各メーカーが工夫を凝らした部品で組み上げています。このような純正部品を使用して修理を行えば問題ありませんが、それでは格安で修理することはできません。安価な汎用部品を使用することで格安修理を実現している業者も多いので、気がつかない間に内部の部品の質が劣化してしまうこともあります。また一度正規代理店以外で修理してしまうと、「不正改造扱い」となってしまうこともあり、その後は正規の保証を受けることができなくなってしまう危険があります。例えば買い替えの際に下取りをしてもらえないなどの不利益を被ることもありますので、よく考えてから修理の依頼先を決めることをオススメします。

スマホ修理は、部品交換や傷の修理などの大掛かりなものから、クリーニングや点検まで様々なものがあります。