リードナーチャリングって何をするの?有効に活用するために知っておくべきこと!


リードナーチャリングのメリットって何?

獲得した見込み顧客を自社の顧客に育成することを、リードナーチャリングと呼びます。リードナーチャリングはBtoBのマーケティング手法として注目されています。しかし有効的に活用できている企業は少なく、リードナーチャリングをよく理解することが求められています。リードナーチャリングのメリットとして、既に獲得している休眠顧客情報を活用し見込み顧客として創出できることがあります。また近年顧客の購買プロセスが長期化する傾向にあります。リードナーチャリングに組み込むことで、長期的・効率的に顧客をフォローできることもメリットといえます。そして見込み顧客の行動や興味などが可視化できるので、最適なタイミングで再アプローチができる点もメリットになります。

リードナーチャリングのデメリットって何?

リードナーチャリングのデメリットには、集客が安定していないと機能しないことがあります。リードナーチャリングは獲得している見込み顧客に対して行うマーケティング手法であるため、集客に課題がある場合には機能できないことになります。また効果が出るまで時間がかかるというデメリットがあります。リードナーチャリングでは、個々の見込み顧客に合わせてアプローチを行います。このため取り組んで直ぐ効果が出るとは言い難いといえます。

そしてリードナーチャリングの成功が直接売上に結びつかないという点も、デメリットといえます。見込み顧客の育成に成功して売上につなげるためには、商談や受注など営業部門との連携が必要になるからです。このようなメリットデメリットを理解しリードナーチャリングを有効に活用するためには、自社に適したコンテンツを作ること、そして部門間が連携することなどが大切といえます。

マーケティングオートメーションとは企業のマーケティング活動を自動化したもののことです。これによって手間や時間が劇的に短縮でき、コスト削減と売上の増加が狙えます。