プライバシーの守り方!自分以外では守れない!


プライバシーは自分で守るしかない

プライバシーは自分が気を付けることでしか守れません。他人がいくら気を付けてくれても、自分が気にしなければ情報は漏れるでしょう。自宅の住所を誰にも教えないことが、プライバシー保護にはならないのです。個人情報を自分で管理する意識を持つことが大事です。住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報をどこまで教えるかの範囲を決めます。仕事で個人情報を教えることがあるので、これを決めておかないとどこまでも情報が漏れることになるでしょう。そうならないように、仕事用の住所や電話番号を用意しておくことも一つ有効な手段です。それがあれば、プライバシーのカモフラージュになります。

プライバシーの守り方

プライバシーの守り方で重要なのは情報を外に出さないことです。単純ですが、一番効果的な方法です。個人情報はレンタルビデオ屋さんの登録から、アンケートの回答まで色々なところで書くことがあります。その書くことを減らすことが、プライバシーを守ることにつながります。特にアンケートなどの生活に不要なものには情報を書くのはやめましょう。プライバシーが漏れていると考えれば、アンケートに情報を書くことは必要ないとわかるでしょう。

特にオンラインのプライバシーには気を付ける

オンライン上ではプライバシーを一切さらさないことが大事です。ちょっとしたヒントから、色々な情報が読み取られる可能性があります。特に、写真などには気を付ける必要があります。個人情報につながることは一切オンラインで、さらさないことを心がけましょう。

シュレッダーは内蔵されている刃に錆びが生じると切れ味が悪くなります。錆びを付けないためには濡れた紙を入れない他、定期的に専用の油を注入して刃の表面を保護することが大切です。